HOME > ライセンス取得

ライセンスとは

初級から上級まで、世界中で使えるダイバーとしての証明

民間のダイビング指導団体が発行するライセンスを「ダイビングCカード」と呼びます。
Cカードは、安全なダイビングを行うための一定の知識や技術を、講習によって身につけることで取得することができます。
ダイビングショップ Buddyでは、世界中において信頼される「CMAS・JEFF(クマス・ジェフ)」のCカードを発行することができます。
CMASとは、世界118カ国が加盟する国際機関で、水中活動の国連ともいうべき非政府の組織です。

英語のCertificate Cardの略で認定証という意味です。世界中でダイビングを楽しむためにはこのCカードが必要となり、このカードを持つということは、スクーバダイビングの知識・技術を習得している証明になります。JEFFの発行するCカードは世界118カ国が加盟するCMASの基準を取り入れており、世界のどの海においても信頼されるCカードです。(JEFF公式サイトより)

ライセンス取得の流れ

学科講習

学科講習

インストラクターと対面しながらの講習なので、しっかり理解していただけます。
各セクションを理解したうえで実技講習を受けると、スムーズにスキルが身につき、自ら様々なストレスの対処もできるようになるので、安全にダイビングを楽しむことができるようになります。

海洋実習

海洋実習

①ダイブスキル

まずは足の着く水域で水慣れです。顔浸けから呼吸法、器材の操作方法、基礎的なトラブル対処法を学びます。
次に膝立ちして頭が水面ギリギリくらいの水域で同じことを練習します。
このように徐々に水深を下げていきますので、泳ぎに自信がない方や水が苦手な方でも安心してダイビングスキルを身につけることができます。

②オープンウォーターダイブ

ダイブスキル実習で学んだことを水深5~7mくらいのところで実践し、水中で魚のように宙に浮いた状態の中性浮力を身につけます。重力から解放されて自由に水中を移動できるようになります。
また、トラブル対処と緊急時のシミュレーションを実際に行います。
最後の仕上げのダイビングではカラフルなサンゴや魚を鑑賞することもできますよ!

筆記テスト

筆記テスト

学科講習・海洋実習で学んだことの復習として、全50問の4択テストを行います。(所要時間30分~1時間)
間違えたところは最後にしっかり理解してもらえればOKです。

申請

申請

Cカードの申請用紙に必要事項を記入して、インストラクターがサインをします。
顔写真を貼ってポストに投函すれば2~3週間でCカードが届きます。
届くまでの間は仮カード(テンポラリーカード)をお渡しいたしますので、申請後すぐにダイビングすることも可能です。

コース紹介

無料説明会

DIVING SHOP Buddyでは随時無料説明会を行っています「Cカードを取得したい!」「ダイビングについて知りたい!」どんな問題も解決いたします。
お気軽にご相談下さい。

無料説明会お申込み

WHATS NOW

最新情報

INSTAGRAM

ページトップへ