HOME > 雨の日でも潜れます!

雨の日でも潜れます!

投稿日:2019.07.02 | カテゴリー:お知らせ, ブログ

本格的な梅雨が到来、今週はずっと傘マークがついてますね☂

 

洗濯物が嫌なニオイを発する悩ましい時期です。。。

 

さて、この時期、「雨でもダイビングできるの?」というお客様からの質問が特に増える時期でもあります。

 

答えは、「できます」!!

 

そもそも海に飛び込んで濡れるスポーツなので、潜ってしまえば雨が降っているのを忘れてしまうぐらいです◎

 

さて、今日はそんな雨の日のダイビングについてのお話(*^^*)

 

 

先程、雨でもダイビングできると書きましたが、雨天に伴い強風や高波などの影響が出ている場合は、安全管理上ダイビングを中止します。

雨がそれほど強くなく、波や透明度などに影響が少なければ潜れるという事ですので、当日潜れるかどうかは必ずインストラクター判断に従って下さいね(^_^)

 

では、雨の日の海の中は一体どのようになっているのでしょうか?

晴れの日との違いは??

 

まずは、やはり明るさが違います!

 

 

晴れの日の透明度が高い海では、水中からでもこんな風に綺麗な空が見上げられます(*゚▽゚*)

太陽の光も深いところまで届きます☀

 

雨天の場合はこの太陽の光が雲に隠れていますので、晴天に比べるとやはり多少うす暗くなってしまいます。

とは言っても普通の雨程度ならほとんど影響は感じず、降っている事を忘れるぐらいです!

 

そして、雨が水面に当たってできる無数の波紋もとても幻想的なんですよ(*^^*)

ほぼ無音の世界の中、自分の呼吸音をゆっくり聞きながら、中世浮力を取りながらその波紋をぼんやり眺めていると、時の流れを忘れてしまいそうになるぐらいです。

 

 

そして次に、透明度や水温が変わってきます。

 

これは明るさのようにすぐに影響が出るものではなく、徐々に影響が出てくるものです。

 

降り続く雨によって泥水が河川から流れ込んで濁ったり、水面近くは水温が下がる可能性もあります。

 

 

 

もちろん、『ダイビング』と聞いて思い描く皆様のイメージの通り、照りつける太陽×青い空×青い海というシチュエーションがやっぱり一番最高です!

ただ、お天気はどうしても運次第・・・

せっかく予定を調整して楽しみにしていたのに、お天気に恵まれなかった、、、という事は長いダイビング人生の中で多々あることです。

 

このように、天気や泥水の影響で少し透明度が落ちてしまった海の中では、普段より少し行動範囲を狭くして、じっくりマクロを楽しむという方法に切り替えましょう◎

 

普段は覗かない岩穴や隙間を覗いてみたり、ゆっくり泳いで岩肌を観察していると、思いもよらない出会いがあるものです(*・v・*)

 

 

講習で潜りなれた白浜のビーチでも、岩肌を注意深く観察していると、小指の先ほどの小さいお顔を出しているコケギンポさんに必ず出会えます(´ω`)

普通に泳いでいたら絶対に見逃してしまう生物です!

 

季節やポイントにもよりますが、普通に泳いでいたら見つけられないようなたくさんのウミウシを発見するチャンスでもあります☆

 

 

雨でいつもより透明度が落ちている場合は、このように、いつもと違った楽しみを見つけてみてくださいね(*^^)v

 

さて、おかげ様で7月もたくさんのご予約をいただいております!

 

どうしても雨の中ダイビングする確率が高くなる時期ですが、晴れの日とはまた違った楽しみを見つけてこのジメジメ時期を乗り越えましょうね♪

 

 

゚*✧:.*゚*✧:.*゚*.:✧:*゚*✧:.:*゚*✧::.*゚

=DIVING SHOP Buddy=

ダイビングショップバディ

大阪市西区新町にあるダイビングショップ★

~おひとり様でも安心してください~

女性のおひとり様も多数いらっしゃいます!

日帰り海洋実習やイベント多数開催してますので、皆さんすぐに仲良くなれますよ(*^^*)

Cカードライセンス取得講習・体験ダイビングも大歓迎♪

無料説明会随時開催中です◎

まずはお気軽にお問い合わせください!

TEL:06-6533-5070

゚*✧:.*゚*✧:.*゚*.:✧:*゚*✧:.:*゚*✧::.*゚

 

WHATS NOW

最新情報

INSTAGRAM

ページトップへ